多治見ききょう法律事務所は岐阜県多治見市・土岐市・瑞浪市・恵那市・中津川市・可児市・美濃加茂市の中小企業・家庭の法律問題を重点的に取扱っています

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.0572-26-9852

〒507-0032 岐阜県多治見市大日町41-1

弁護士があなたの慰謝料請求内容証明郵便を作成し,発送も代行します

弁護士が内容証明郵便を作成+発送代行

専門家に内容証明郵便を書いてほしいという方のため,弁護士が予め用意した質問事項に答えていただき,あなたの事案に応じた,内容証明郵便を作成し,発送の代行も行うサービスをご用意しました。
このサービスのご利用により,「ひな形」があっても文章を作成する自信のない方,内容証明の発送の手続が難しいと感じる方も,安心して内容証明郵便を送付することができます。

弁護士名が入らない内容証明郵便作成のご依頼で,交渉の依頼も付かないため,交渉までトータルで弁護士に依頼するよりお手頃な価格でご依頼いただけます。
(さらに低価格で内容証明を作成したい,ひな形から修文して作る自信のある方には,ひな形のみのご購入がお薦めです。)

書式で悩まない

内容証明郵便には,1行20字以内で1枚26行以内などの厳しいルールがあります。
ワープロソフトで作るときには,文字数を合わせて,見栄えを整え,行末に句読点が来ても1行20字以内になるよう,書式設定を変更しなければなりません。
しかし,弁護士が代わりに作成しますので,「書式設定」にあなたは頭を悩ます必要はありません。

書き方で悩まない

「書式設定」されたひな形を使っても,自分のケースで,具体的にどのように書いたらいいのか,何を書いてはいけないのか,不安になることがあります。
この手続きを利用すれば,弁護士があなたの事案に応じた内容証明文書を作成しますので,あなたは具体的な「書き方」で悩む必要がありません。

来所不要

当事務所の場合,不倫慰謝料請求の「交渉」は,来所していただいて,ご相談に応じた後に,ご依頼いただくこととしています。
代理人として交渉をするためには,直接にお会いして経緯やお気持ちを確認する必要があるからです。また,お話をすることにより,解決までにかけられる時間・費用,ご依頼者にとっての優先事項(解決までの手間・時間,謝罪の有無,支払額)を共通にして,交渉を行う必要があるからです。

このような手順で不倫慰謝料請求交渉のご依頼を多くお受けする中で,「質問書」をお渡ししてその質問事項への回答を書いていただくことが良いのがわかってきました。
不倫の被害に遭った方は,頭の中の整理ができていないことが多く,質問事項を検討していただくことによって,まず,頭の整理をしていただけるからです。
また,弁護士の側も,ご依頼者の事情を正しく把握できることになります。
そこで,当事務所では,これまで,質問書の質問事項を改訂し,磨き上げてきました。

交渉のご依頼をお受けするのには,現在もなお,直接にお会いしてお話を聞く必要を感じています。
しかし,弁護士が不倫相手と交渉せず,内容証明郵便を作成するだけなのであれば,「質問書」にご回答いただくことによって,弁護士の行うサービスとして十分なものをご提供できる状況になりました。

そこで,このサービスは,当事務所へ来所していただかなくとも,ご利用いただけるサービスとしました。
ご予約の電話,来所のための時間,相談時間,交通費などをかけることなく,内容証明郵便発送のご依頼をいただけることになります。
そして,当事務所から遠方の方にも,お気軽にご利用いただきたいと考えています。

発送も代行

内容証明郵便は印刷しただけでは発送できません。
そのため,初めて内容証明郵便を出す方は,どこに捺印をするのか,封筒の宛名・差出人欄をどのように書くのか,どのように郵便局へ持ちこむのかなどの手順に悩んでおられます。

また,ご自身で電子内容証明郵便の登録をしない限り,内容証明郵便の発送手順がわかっていても,実際に作成した文書を3部用意して,印鑑を持参して郵便局に訪れるという手間をかける必要があります。
発送手続きそのものに手間,時間がかかることになります。

しかし,発送代行サービスをご利用になれば,あなたは,そのような手間と時間を省けます。

「電子内容証明郵便」で発送をしますので,「電子内容証明郵便」を見慣れていない不倫相手には,インパクトも大きなものとなることが多いでしょう。

発送代行の付かないサービスもご用意

費用を抑えたい方に,発送代行の付かない割安なサービスもご用意しています。
発送代行手続きを利用されない場合でも,発送するまでの手順の解説書を,ワードファイルでお届けします。
作成は弁護士に依頼したいが,発送は自分でもできそうなので少しでも費用を抑えたいという方はこの選択も可能です。

あなたに「不倫慰謝料請求内容証明作成+発送代行」の利用をおすすめする理由は以下の点にあります。

  • 弁護士が作成しますので,「書いてはいけない言葉」を書いてしまう失敗を避けられます
  • 請求されたら名誉毀損で訴えるという浮気相手の行動を止めること自体はできませんが,訴えられる可能性を大きく減らせます
  • 万一,浮気相手から名誉毀損だと訴えられても,名誉毀損になるような言葉を使わないため,名誉毀損で負けるようなことはありません
  • 弁護士が作成しますので,ご自身で,自分の場合に,何から書き始めどのように書くと効果的な請求ができるだろうかと,迷うことはありません
  • 書き方がわからないから電話で請求して更に嫌な思いをするという事態も避けられます
  • 不倫相手に伝えたい気持ちがあるときにも,弁護士が,書いてもよい内容なのかを判断し,具体的な文章にしますので,書くべきかどうか,どのように書いたらいいのかということに悩まずにすみます
  • 文具店で「内容証明郵便」用の用紙を購入して準備する必要もありません
  • インターネットの氾濫した情報の何が正しく,何が間違いかを心配する必要がありません
  • インターネット,自称専門家,友人などの無責任な情報,間違った情報に惑わされることもありません

さらに無料で示談書ひな形もお付けします。

無料特典 示談書ひな形2パターン

不倫慰謝料の請求をすると,不倫の相手方から,示談書の作成を求められることがあります。
また,相手に一括払いできる貯金が無く,分割払いを受け入れざるをえないときには,示談書を作成して,支払総額を書面で約束しておくことが必要です。

しかし,法律知識が無いと,相手ペースの示談書になってしまうかもしれません。

そこで,今回は,示談書ひな形を,無料特典としてご用意しました。

弁護士に示談書作成を依頼すれば,費用がかかります。
私の場合は,10万円(税別)をいただいています。

しかし,今回は,一括払い用と分割払い用の2種類の示談書ひな形無料でお付けします。
いずれも,不倫の被害者側にとって必要な示談条項を盛り込んであります。

さて,この不倫慰謝料請求内容証明作成・発送代行の料金はいくらでしょうか。
あなたにとって,この不倫慰謝料請求内容証明ひな形にどれくらいの価値がありますか?

あなたが,弁護士に不倫慰謝料請求の依頼をするとして考えてみましょう。
私の事務所の場合は,裁判外の不倫慰謝料請求交渉について,着手金20万円(税別),報酬金10%(最低額20万円)(税別)でお受けしています。
200万円の請求をして,200万円の支払を受けたときには,40万円(税別)のお支払いをいただくことになります。
高いと思われるでしょうか?
とても有り難いことですが,私には,それでも依頼したいという方がいらっしゃいます。

もっとも,不倫慰謝料請求内容証明作成・発送代行には,弁護士による交渉サービスは付きません。
このようなことを考慮して4分の1の,10万円でしょうか。

実は,私は,弁護士として慰謝料請求を受けた不倫加害者側からのご相談を受けることもあります。
交渉・訴訟の現場を知らない「専門家」が作成した内容証明に感情的になっている不倫加害者もいます。
そうしたときには,感情が優先し,法律的な問題である慰謝料の交渉が困難になります。

不倫の加害者が感情的になることで,被害者と加害者が感情的な争いを繰り広げる事態は,不幸なことです。
このような場合,被害者の子どもたちへの影響も避けられない・・と感じています。
このような結果は,少しでも,減らしていきたいと思っています。

内容証明を送付しても解決ができない場合に,その後の裁判を責任もって行う「弁護士」と,そのような体験はない他の「士業」とでは,気をつけている文言,戦略も異なっているのが現実です。
しかし,「費用が安いから」との理由で行政書士に内容証明の作成を依頼しました,と言われ,法律相談だけは念のために弁護士のところへ来ました,とご相談だけに来られる方も何人かいらっしゃいました。

こうした中で,弁護士の作る内容証明郵便の良さを知りご利用いただきたい,もう少し低価格で提供する方法がないかとの思いから始めたのが,このサービスです。できるだけ多くの方にご利用いただきたいと思います。

そこで,不倫慰謝料請求内容証明通知作成・発送代行のサービスは,5万円(税別)でご提供することにしました。しかも,内容証明郵便の郵便料金もこの5万円(税別)に含んでいます。
発送代行をご利用されない場合には,さらにお安く3万円(税別)でご提供することにしました(この場合の郵便料金はご本人の負担となります)。

下のボタンをクリックして,ご注文フォームに進み,ご注文ください。

ご注文・発送の流れ

  1. ご注文

    メールフォームをご用意していますので,ご利用ください。support@tajimikikyo.comまで,「不倫慰謝料請求内容証明作成・発送代行希望」または,「不倫慰謝料請求内容証明作成希望(発送代行なし)」と記載して送付いただいても結構です。
    その際,利害関係の確認を致しますので,ご依頼者の氏名,相手方の氏名,配偶者の氏名及び今回の内容証明作成等の料金を支払う方の振り込み名(氏名,ふりがな,ご依頼者の氏名と同じ場合も念のためご記載ください)も記載ください。
    あわせて,こちらからかけても良い連絡先電話番号の記載をお願いします。
  2. 返信メール

    ご注文を確認後,support@tajimikikyo.comのメールアドレスより,ご注文を確認した旨と料金支払いのための振込口座をご案内します。また,MicrosoftWord形式の「質問書」も添付して送信します。受信できるよう,迷惑メール等の解除設定をお願い致します。また,ご注文後,2営業日を経過しても返信メールがない場合には,大変申し訳ありませんが,「迷惑メール」に分類されてしまっている可能性がありますので,お電話(0572-26-9852)にて問合わせいただきますようお願いします。
  3. ご入金

    メールでご案内した振込口座に30,000円(+消費税)又は50,000円(+消費税)をご入金下さい。振込料はご負担下さい。
  4. 質問事項へのご回答

    「質問書」の質問事項に対するご回答を,メールへのファイル添付またはメール本文への貼付けの形で送信ください。
  5. (回答の確認)

    ご回答を拝見し,更にお問い合わせする必要のある場合には,メールまたは電話にてご連絡致しますので,ご回答をお願い致します。
  6. 案の送信

    作成した内容証明郵便案を確認していただきます。申込みをされたメールのアドレス宛に,メールに添付して送信します。
    このときに,特典の示談書ひな形も送信します。
    support@tajimikikyo.comよりMicrosoftWord形式の文書で送信しますので,内容を確認してください。訂正の有無・内容を,メールに返信する形で連絡ください。
    訂正点がありましたら,訂正して再送信します。
    発送代行手続きを利用されない場合,発送するまでの手順の解説書も,MicrosoftWordファイルでお届けします。
  7. 発送・納品完了

    1 発送代行をご利用の場合
    訂正箇所がないことをご連絡いただきましたら,ご依頼者に代行して,電子内容証明郵便(速達指定なし,配達証明付き)の形式で発送いたします。
    ご依頼者のご住所宛には,日本郵便株式会社から内容証明文書の謄本が送られます。
    また,相手方に配達されたときは日本郵便株式会社から「郵便物等配達証明書」が送られます。配達できなかったとき(相手方が不在等で受け取らなかったときや,宛て所に尋ねあたらなかったときなど)には,相手方宛に発送した内容証明郵便がご依頼者のご住所に返還されてきます。
    2 発送代行のご利用のない場合
    訂正箇所がないことをご連絡いただきましたら,最終にお送りした案をご利用いただくということで,納品完了となります(納品完了後の訂正依頼はお受けできませんので,ご注意ください) 。ご自身で,プリントアウトしていただき,手順の解説書をご確認いただきながら,発送してください。

下のボタンをクリックして,ご注文フォームに進み,ご注文ください。

多治見ききょう法律事務所

  • 弁護士 木下貴子
  • 弁護士 田中敦 
  • (岐阜県弁護士会所属)

〒507-0032

岐阜県多治見市大日町41-1

営業時間(相談時間・予約電話受付時間)

平日(月〜金)(祝日を除く)

午前9時15分〜午後5時

TEL 0572-26-9852

FAX 0572-26-9853

相談予約専用メールアドレス

tajimi.law@gmail.com

主な対応エリア

  • 岐阜県
  • 多治見市
  • 土岐市
  • 瑞浪市
  • 恵那市
  • 中津川市
  • 可児市
  • 美濃加茂市
  • 可児郡御嵩町
  • 加茂郡(坂祝町
  • 川辺町
  • 七宗町
  • 白川町
  • 富加町
  • 八百津町
  • 東白川村)
  • 岐阜市
  • 各務原市
  • 愛知県
  • 名古屋市
  • 瀬戸市
  • 春日井市
  • 小牧市
  • 尾張旭市
  • 長久手町