多治見ききょう法律事務所は岐阜県多治見市・土岐市・瑞浪市・恵那市・中津川市・可児市・美濃加茂市の中小企業・家庭の法律問題を重点的に取扱っています

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.0572-26-9852

〒507-0032 岐阜県多治見市大日町41-1

離婚調停呼び出し状が届いたときの対処法-欠席してよいか?

「裁判所HPより詳しい離婚調停解説」連載の第13回。

離婚調停の期日が決まったら,調停の呼び出し状が送られます。調停では,調停を申し立てた側を「申立人」,申し立てられた側を「相手方」と言います。離婚調停の相手方にとっては,何の予告も無く,突然,家庭裁判所から文書が届くということがあります。

あなたが離婚調停を申し立てられた相手方になったとき,

  • 離婚調停に欠席してもよいでしょうか?
  • 弁護士に頼んだ方がよいのでしょうか?
  • 呼び出し状に同封された照会書にどのように回答したらよいのでしょうか?

離婚調停の相手方に求められていること

裁判所から届いた書類には

  • 呼び出し状(「調停期日通知書」,家庭裁判所に来ることが求められている日時と事件番号が書かれたもの)
  • 申立人が家庭裁判所に提出した離婚調停(夫婦関係調整調停)申立書の写し
  • 意見や事情の照会書(答弁書・回答書)
  • 調停についての簡単な説明書

が入っていることでしょう。

裁判所の地図が入っていることもあります。

離婚調停を申し立てられた相手方であるあなたに求められていることは,

  • 決められた日(離婚調停期日)に呼び出しに応じて裁判所に来ること
  • 照会書の照会事項に対する回答を定められた期限までに提出すること

です。

離婚調停呼び出しを無視して欠席してよいか?

離婚調停の呼び出しを無視(無断欠席)すると,法律上の不利益と事実上の不利益があります。

法律上の不利益〜審判事項が含まれるとき

離婚調停(夫婦関係調整調停)は,話合いができなければ,不成立になって終了してしまいます。このとき,そのまま裁判官が離婚を認めるか認めないかの判断をすることはありませんが,話合いの機会が無いまま,申立人は,直ちに離婚裁判(離婚訴訟)を提起できるようになります。
離婚調停に併せて婚姻費用(生活費)の分担請求調停がなされている場合,婚姻費用の分担請求調停は,話合いができないときは,自動的に審判手続きに移行し,裁判官が,婚姻費用として支払うべき額を決定します。裁判所からの呼び出しを無視して欠席し続ければ,あなたの言い分が裁判所に伝わらず,申立人の言い分だけを聞いて,裁判官が婚姻費用分担請求の判断をすることになってしまいます。

法律上の不利益〜過料の制裁

正当な理由の無い欠席に対し,裁判所は「過料」という金銭制裁ができることになっています。
もっとも,実際には過料の制裁が課されることは,ほとんどありません。

事実上の不利益〜親権決定への影響

未成年の子がある場合,離婚調停に欠席し続け,子どものことについて話し合おうとしないことは,親権者としての適格性が疑われる1つの理由になりえます。

事実上の不利益〜自己中心的な人物と解釈される

調停委員会にモラハラ夫と思われてしまう

申立人が,あなたのことを「常識が無く」「自己中心的で」「一方的に怒鳴りつける(ヒステリックに叫ぶ)」人だと説明しているとしましょう。
出席する義務(法律上「過料」の制裁まで設けて義務づけている)があるにもかかわらず,裁判所の呼び出しを無視して,離婚調停の欠席を続けるという態度により,裁判官・調停委員から,裁判所の手続きや社会のルールを軽視する自己中心的な人物と思われることは避けられません。
そして,離婚調停が不成立に終わって離婚裁判(離婚訴訟)が起こされてからも,あなたが離婚調停を無視したという事実,つまり,あなたが裁判所の手続きや社会のルールを軽視した行動をしたという事実が,否定できない事実として残ります。

事実上の不利益〜裁判官・調停委員の気持ち

無断欠席されると調停委員会の裁判官・調停委員が困る

調停は,裁判官・調停委員が間に入って,解決をめざす手続きです。
裁判官・調停委員も感情を持つ人間であり,申立人のためにがんばってあげようという気持ちが強ければ相手方に強く譲歩を求めるようになり,相手方のためにがんばってあげようという気持ちが強ければ申立人に強く譲歩を求めるようになるはずです。
無断欠席されたとき,裁判所職員は余計な仕事が増えます。
調停委員は,ボランティア精神で,少ない報酬で調停を行っています。
あなたが後に思い直して離婚調停に出て行ったとして,裁判官・調停委員があなたにどのような気持ちで接するかはおわかりいただけることと思います。

決められた離婚調停期日に出席できないときは?

調停期日に出席できないことを電話連絡する男性

決められた離婚調停期日に出席できないときは,速やかに裁判所に電話をして,事情を説明しましょう。
弁護士に依頼する予定のときは,弁護士に依頼する予定であることも伝えましょう。日にちを変更してもらったのに,変更後の離婚調停期日が依頼した弁護士の都合と合わないようなことがあると,迷惑がかかります。
通常は,相手方であるあなたの都合を全く聞かずに第1回離婚調停期日を決めていますので,しっかりとした事情があれば,第1回離婚調停期日の日程変更,第2回からの出席を許容,などの手配をしてもらえます。

照会事項に対する回答をする前に

あなたの離婚に関する知識は大丈夫ですか?
誤った知識,思い込み,俗説を基にして対応しては,良い結果は得られません。
心配があれば,専門家である弁護士に相談しましょう。

弁護士に頼むかどうかを検討する

弁護士は,離婚調停の依頼を受ければ,方針を見定めて対処します。
ところが,ご本人が,弁護士に依頼する前に裁判所に出してしまった書類に書いてあることが支障となって,次善の策に方針変更を余儀なくされることがあります。
したがって,弁護士に頼むのであれば,裁判所に何も出していない状況ですべきです。
弁護士を頼むメリット・デメリットは,申立人の場合とそれほど変わりませんし,弁護士費用も同様ですので,連載第5回「離婚調停を弁護士に頼むべきか?そのメリットと弁護士費用」の記事を参考にして下さい。

離婚調停の具体的話し方のアドバイスブック

弁護士が,離婚調停で,どんなことを考え,どんなフレーズを使っているのかを理解した上で,弁護士に助けてもらうかどうかを判断するのも良いでしょう。

私弁護士木下貴子が,離婚調停に出席する方のために,具体的な話し方のアドバイスブックを作成しています。

このアドバイスブックを無料で欲しい方を募集しています。

今すぐ下のボタンをクリックして,手に入れる方法を確認してください。

アドバイスブックを無料で入手

弁護士に頼まず自分で照会事項に回答する場合の注意点

事実を記載する箇所について

事実を問われていることについては事実を答えます。
注意点は,申立人の場合と同様です。「失敗しない離婚調停申立書・付属書類の書き方」の記事を参考にして下さい。
申立人の主張をベースに回答をするのではなく,自分の立場から記載をすべきです。
夫婦が不和になったいきさつについて,申立人の主張をベースに書くと,どうしても,申立人の主張に対する言い訳をしているようになってしまいます。

希望を記載する箇所について

希望を問われていることについては希望を答えます。
申立人の希望をベースに物事を考えるのではなく,自分の希望を明確にして,その上で方針を立てるべきです。
離婚離婚したいと言われたから離婚に応じるかどうかを検討するという受け身の判断では無く,自分が望む離婚の形があるのならばその形をめざし,やり直し(修復)を望むのならばやり直し(修復)をめざして,積極的な行動が必要です。申立人が離婚を希望しているのに対して,あなたの希望が「離婚しない」だけでは,離婚調停に臨むのに不十分です(照会事項には「離婚しない」と回答すれば済んでしまいますが)。
申し立てられた側(相手方)は,申立人の希望に対しイエス・ノーで答えることになりがちなので,イエス・ノーで答えられない希望や,別の希望があればしっかりと書きましょう。たとえば,申立書に面会交流について何も書かれていないとしても,面会交流のことを話し合いたいということがあります。
考えが定まらないときには,正直に「まだ決めていない」「検討中」という回答をしましょう。少しでも迷いがあるとき,その悩みを言葉で表現するのは難しいので,回答としては「検討中」としておくのが無難です。

秘匿すべき事実を記載するとき

現在の離婚調停の手続きでは,提出した書面は原則として相手(この場合,離婚調停の申立人)も見ることができます。予め裁判所から「非開示」と印字されているものを除き,相手も見ることを意識して,記載をするようにしましょう。
本当の住所を知らせていない,知らせたくないという場合には,裁判所に連絡し,住所,子どもの園・学校を秘匿する方法を相談して下さい。

(弁護士 木下貴子)

離婚調停を弁護士に依頼しない方へ

離婚調停では,調停委員への「話し方」が大事です。
あなたが弁護士に依頼をしないのであれば,あなたは,自分自身で調停委員に話をすることになります。

現在,多治見ききょう法律事務所では,具体的な「話し方」のアドバイスブックを無料で欲しい方を募集しています。
今すぐ下のボタンをクリックし,アドバイスブックを手に入れてください。
そして,離婚調停であなたが話をするときに利用してください。

アドバイスブックを無料で入手

<「裁判所HPより詳しい離婚調停解説」トップへ戻る

真剣に離婚調停の準備をしているあなたに,お願いがあります

弁護士を付けないで離婚調停中の方に,私,木下貴子からのお願いです。

もっと具体的な離婚調停のアドバイスにご興味はおありですか?

もしご興味がおありならば,次のボタンを押して,アドバイスブックのダウンロードページに行き,どれほど簡単に離婚調停で話せるようになるか試していただけないでしょうか? アドバイスブックでは,ホームページ未公開の具体的アドバイスを掲載しています。

未公開のアドバイスを手に入れる

弁護士を付けずに離婚調停をする方に役に立つよう作成したつもりですが,本当に役に立つものであるかを確認したいと考えています。ダウンロードは無料ですので,一切費用はかかりません。

そして,ご感想やご意見をいただけるようであれば,お知らせください。

ご感想やご意見の回答義務はありません。ご感想やご意見の有無自体も,私にとって,参考になる情報です。

この記事を書いた弁護士

執筆者木下貴子

木下貴子

多治見ききょう法律事務所所長

岐阜県多治見市で初の女性弁護士となり18年目。
離婚事件を中心的に取り扱い,これまでに受けた離婚のご相談件数は900件を超えます。ご相談は,親身,気軽,自分で決めるをモットーに対応しています。
離婚・夫婦に関する講演の講師も務めています。
著書の「離婚調停は話し方で変わる」(ききょう出版)はAmazonランキング法律部門第1位を獲得しました。

離婚調停で養育費を増やしたい女性の方へ

9524人が手に入れたアドバイス! (12月10日現在)

お子さんの将来のために養育費を多くもらいたい女性の方へ,弁護士木下貴子が離婚調停での話し方をアドバイスしています。

次のボタンをクリックし,「離婚調停で養育費を増やしたいときの具体的な話し方」のページへお進みください。

無料の話し方アドバイスを入手

離婚問題は多治見ききょう法律事務所へご相談ください

多治見ききょう法律事務所

住所
岐阜県多治見市大日町41−1
弁護士
木下貴子 田中敦
女性のご相談者からは弁護士木下貴子,男性のご相談者からは弁護士田中敦が好評をいただいています。
営業時間
平日(月〜金)(祝日を除く)
午前9時15分〜午後5時
相談料
5000円(45分まで・消費税別)
女性のご本人の離婚相談は初回無料(45分まで)

ご相談は,電話,メール,ご予約フォームにてご予約ください。

電話
0572-26-9852
メール
tajimi.law@gmail.com

離婚相談票ダウンロード

多治見ききょう法律事務所

  • 弁護士 木下貴子
  • 弁護士 田中敦 
  • (岐阜県弁護士会所属)

〒507-0032

岐阜県多治見市大日町41-1

営業時間(相談時間・予約電話受付時間)

平日(月〜金)(祝日を除く)

午前9時15分〜午後5時

TEL 0572-26-9852

FAX 0572-26-9853

相談予約専用メールアドレス

tajimi.law@gmail.com

主な対応エリア

  • 岐阜県
  • 多治見市
  • 土岐市
  • 瑞浪市
  • 恵那市
  • 中津川市
  • 可児市
  • 美濃加茂市
  • 可児郡御嵩町
  • 加茂郡(坂祝町
  • 川辺町
  • 七宗町
  • 白川町
  • 富加町
  • 八百津町
  • 東白川村)
  • 岐阜市
  • 各務原市
  • 愛知県
  • 名古屋市
  • 瀬戸市
  • 春日井市
  • 小牧市
  • 尾張旭市
  • 長久手町