多治見ききょう法律事務所は岐阜県多治見市・土岐市・瑞浪市・恵那市・中津川市・可児市・美濃加茂市の中小企業・家庭の法律問題を重点的に取扱っています

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.0572-26-9852

〒507-0032 岐阜県多治見市大日町21 大日ビル3号

多治見ききょう法律事務所 弁護士のご紹介

弁護士木下貴子 弁護士田中敦 弁護士藤田聖典
藤田聖典の写真

<氏名>

藤田 聖典(ふじた きよのり)

<略歴>

1983年(昭和58年) 長崎県にて出生
2002年(平成14年) 愛知県立旭丘高等学校卒業
2007年(平成19年) 慶應義塾大学経済学部経済学科卒業
大学卒業後は,テレビ局に総合職(ディレクター)として入局,番組制作・取材に従事
2013年(平成25年) 東洋大学法科大学院修了
2013年(平成25年) 東京都内有名進学塾に塾講師として就職
2016年(平成28年) 司法研修所入所
2018年(平成30年) 弁護士登録(岐阜県弁護士会)・多治見ききょう法律事務所入所

資格

  • TOEIC L&R 925点(2017年7月時点)

所属団体

  • 岐阜県弁護士会

岐阜県弁護士会所属委員会

  • 子どもの人権センター
  • 法教育委員会
  • 行政連携センター
  • 人権擁護委員会

主な相談分野

中小企業の法律問題

  商標・意匠・不正競争・著作権・労働(使用者側)・建築紛争・医療など

家庭の法律問題

  離婚・相続・遺言・後見・民事信託・交通事故・刑事弁護・犯罪被害者支援など

メッセージ

2018年の7月から8月にかけて3回も最高気温40度超えを記録してしまうほどのアツい街で,個人の相談から地元企業の相談まで,地域密着の弁護士として働いています。
今後も,多治見を中心とする東濃地区に密着した弁護士として,離婚や知的財産権(商標・著作権など)を中心に専門性の高い法的サービスを提供し,地域経済の発展を支えていきたいと考えておりますので,どうぞ宜しくお願いします。

私の弁護士としての注力分野や詳しい経歴は以下の通りです。

注力分野

1.個人の方のご相談

様々な分野のご相談・ご依頼を受けますが,特に多いのが離婚・相続・財産管理・交通事故・不動産関係です。

(1)離婚

離婚希望の方に限らず,「離婚」について悩んでいる方は,男性・女性を問わず,ぜひご相談ください。話しやすい雰囲気,わかりやすい説明を心がけています。当事務所に蓄積されたノウハウを生かした戦略的なアドバイスもしております。
2018年は,1月から9月末までに私が担当した離婚に関する相談の数は,すでに52件となっています(この件数には,離婚後の養育費や面会交流など,既に離婚をした方の相談は含まれていません)。
離婚自体は争いがなく離婚に伴う財産分与や養育費に争いのある事案や不貞の慰謝料に関する相談・依頼もあります。
離婚をしたい人だけでなく,やり直したい人・関係を修復したい人や,離婚を決めかねている人の相談も一定数あります。

協議離婚の際の財産分与や養育費の合意を定める公正証書(離婚給付等契約公正証書)の作成をお手伝いすることもあります。離婚後の住宅ローンや不動産の名義変更に関する相談も受けています。
岐阜家庭裁判所多治見支部だけでなく,岐阜家庭裁判所本庁,岐阜家庭裁判所御嵩支部,岐阜家庭裁判所中津川出張所,名古屋家庭裁判所の事件も扱っています(多治見から見てさらに遠方の事件の依頼もあります)。

(2)相続・財産管理

遺産分割,相続人の所在が不明の場合の対応(不在者財産管理人選任申立て),遺留分を侵害された場合の対応(遺留分減殺請求)……相続に関するトラブルの解決に向けたお手伝いをしています。
万が一のときに,相続争いが起きないようにしたい,亡くなった後のことを考えて遺言を作りたい。そのような方のために,公正証書遺言の作成もサポートしています。依頼者の思いをお聞きした上で様々なリスクも考えて文案を作成してゆきます。公証役場での遺言作成の際には証人にもなります。
病気やケガになったときの財産の管理に備えたいという方に,財産管理契約や任意後見契約の作成をお手伝いすることもあります。民事信託についての相談もあります。
成年後見の申立てをしたいという方の相談・依頼も受けています。

(3)その他

地主の方の相談もあります。土地を巡るトラブルの解決はもちろん,事業用定期借地の契約書チェックなど不動産に関する相談も受けています。
交通事故(物損・人身損害)の依頼もコンスタントに受けております。
数は少ないですが,刑事事件は,私選・国選どちらもやっています。扱う事件は,今のところ刑法犯か福祉犯となっており,成人の事件・少年事件どちらもあります。

2.企業のご相談

経済学部出身の弁護士,テレビ局での番組制作の経験,塾業界で校舎運営や人材育成,保護者対応に携わった経験,知的財産法を重点的に学んできた経験,TOEIC925点……特色のある経歴や能力を活かして,日々のビジネスのアドバイスやサポートをしております。

(1)予防法務:契約書チェック・新規事業のスタートのお手伝いなど

経済学部出身であり,かつ,弁護士でもあることから,契約内容やビジネスについて「経済」と「法律」の2つの視点から提案・助言をしています。

(2)知的財産権

司法試験では知的財産法を選択科目としており,司法修習中には,東京地方裁判所の知的財産権部や知的財産高等裁判所(知財高裁)などで侵害訴訟・審決取消訴訟に関する実務を学んでいました。このため,知的財産権(特に商標権,不正競争防止法,著作権)に関する相談にも対応しています。

(3)クレーマー対応など

企業が活動してゆく中で,不当な要求を受ける場合があります。弁護士の名での内容証明の送付など,不当な要求を退けるお手伝いもしています。

詳しい経歴

1.弁護士を志すまで

高校時代まで12年間,名古屋市内に住んでいました。
高校は愛知県立旭丘高校という名古屋市内の高校に通っていましたが,勉強や学校行事よりも読書や映画鑑賞(青山真治,岩井俊二作品など)ばかり優先していました。大学は,慶應義塾大学経済学部に現役で入学しました。
就職浪人を経て,新卒でとあるテレビ局に入局し,番組制作や取材に従事していました。
……このように書くと,そこそこ華々しい経歴のように感じるかもしれません。

しかしながら,私の配属された部署は,決して居心地のいい場所ではありませんでした。

慢性的な人員不足で,長時間労働が横行し,体調を崩して休職する人も多く,皆自分のことに精一杯。人を育てる余裕も全くありませんでした。心に余裕がなく,ギスギスした雰囲気で,職場などではかなりの頻度で怒号や罵声の飛び交いました。飲み会はセクハラ・パワハラで激しく荒れていました。
他方,私は,仕事を通じて地方経済の停滞・衰退を目の当たりにしましたが,「報道」の仕事は,現状をあまねく伝えることはできても,自らの手で現状を打破し問題を解決することはできませんから,常々,もどかしさを感じていました。
何か専門性を生かして,地方経済の再生・発展に貢献したい。何かに挑戦する情熱を取り戻したい。いろいろな選択肢を考えましたが,結局,法科大学院に入学し,司法試験に挑戦することを決めました。

2.弁護士になるまで

司法試験に挑戦しようと思い,入学したのは,東京・文京区の東洋大法科大学院。選んだ理由は,奨学金による学費の減免があることと東洋大が当時の箱根駅伝優勝校だったことの2つでした。当時の私は,箱根駅伝が終わると残りの一年はすべて消化試合などと考えるほどに箱根駅伝にハマっていました。
法科大学院に入ったものの,経済学部出身でゼロから法律の知識を身につけることは大変でした。長らく試験のための勉強というものをやっていませんでしたから,2時間,3時間と集中して勉強をすること自体困難を極めました。
法科大学院修了後は,塾講師の仕事をし,実績が評価され,すぐさま校舎の運営や人材の育成もする立場になりました。校舎全体の合格実績・生徒数・売上を増やすべく仕事が忙しい中,出勤前の2時間や通勤電車の中で司法試験の勉強を続け,4回目にしてようやく合格することができました。
司法試験に合格する過程で培われたのが,限られた時間・資源という制約の中で,諦めるとなく,しっかり結果を出すという姿勢です。

弁護士藤田聖典ブログ

ブログを書いていますので,ブログもご覧ください。

多治見ききょう法律事務所

  • 弁護士 木下貴子
  • 弁護士 田中敦
  • 弁護士 藤田聖典
  • (岐阜県弁護士会所属)

〒507-0032

岐阜県多治見市大日町21

大日ビル3号

営業時間(相談時間・予約電話受付時間)

平日(月〜金)(祝日を除く)

午前9時15分〜午後5時

TEL 0572-26-9852

FAX 0572-26-9853

相談予約専用メールアドレス

tajimi.law@gmail.com

主な対応エリア

  • 岐阜県
  • 多治見市
  • 土岐市
  • 瑞浪市
  • 恵那市
  • 中津川市
  • 可児市
  • 美濃加茂市
  • 可児郡御嵩町
  • 加茂郡(坂祝町
  • 川辺町
  • 七宗町
  • 白川町
  • 富加町
  • 八百津町
  • 東白川村)
  • 岐阜市
  • 各務原市
  • 愛知県
  • 名古屋市
  • 瀬戸市
  • 春日井市
  • 小牧市
  • 尾張旭市
  • 長久手市