多治見ききょう法律事務所は岐阜県多治見市・土岐市・瑞浪市・恵那市・中津川市・可児市・美濃加茂市の中小企業・家庭の法律問題を重点的に取扱っています

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.0572-26-9852

〒507-0032 岐阜県多治見市大日町41-1

離婚調停申立書の提出方法

「裁判所HPより詳しい離婚調停解説」連載の第11回。

調停申立書,付属書類を書き,添付書類も準備したら,いよいよ申立です!

離婚調停申立書を提出するときは,どのようなことに注意したらいいでしょうか?
離婚調停申立書は,必ず裁判所に持っていかないといけないのでしょうか?

必要部数を用意しましたか? 提出書類のコピーを残しましたか?

離婚調停の提出書類をコピーする

裁判所がコピーも含め複数出すことを求めている書類は,コピーをして必要な部数を用意して下さい。
また,提出した書類は,返してもらえません。
(もっとも,戸籍謄本の原本などの添付書類は,コピーを提出すれば,原本を返してもらうよう求めることもできます。相続放棄の場合の仙台地方裁判所のサイトのPDFファイル参照。但し,相続放棄の場合の書式例ですので,「〜について添付した」の部分は「夫婦関係調整調停申立事件について添付した」として,返還してもらいたい書類を記載するようにして下さい。)

自分が何を書いて出したか,戸籍の記載がどうなっているか,ということが後からわからないと困ります。
裁判所に提出する分の他に,手元にコピーを残すようにしましょう。
つまり,コピーを,「提出枚数+1枚」準備するようにしましょう。

収入印紙と切手の使い方

収入印紙は,離婚調停申立書の右上の印紙貼付欄に貼り付けましょう。契約書や領収書の印紙とは異なり,消印をしません。貼るだけです。

切手は,ばらばらにならないよう,普通の大きさの封筒に入れます(どんなものでも大丈夫です。銀行ATMでお札を持ち帰るときにもらった封筒が残っていれば,それでも大丈夫。)。封はしません。

必須ではありませんが,切手を入れる封筒に,たとえば,
 140円×1
 82円×10
 10円×10
 合計1060円
と,切手の内訳を書いておくと親切です。

切手とその内訳を書いた封筒

提出方法は郵送か持参

離婚調停申立書は,申立をする裁判所に郵送するか持参します。
まず,郵送するか持参するかを決めましょう。

持参するとき

家庭裁判所へ離婚調停申立書を提出

持参するときは,申立てをする家庭裁判所の受付窓口に持参します
受付窓口がやっている時間は,平日午前8時30分(または午前8時45分,午前9時)から正午まで,午後1時から午後5時までという裁判所が多いですが,お昼休みに近い時間や終業時刻に近い時間は,職員も少なくなり,慌ただしくなっていますので,できる限り避けましょう。

郵送するとき

離婚調停申立書をポストに入れて発送

郵送するときは,郵便局か郵便ポストから(つまり,日本郵便の「郵便」を使って)出しましょう
宛名は,部署名無しに,「岐阜家庭裁判所多治見支部 御中」という形で十分です。

提出書類を折り曲げても良いか


提出書類は折り曲げて封筒に入れても大丈夫です。
とはいえ,くしゃくしゃに折れ曲がっているのは,みっともないものです。長形3号(120ミリ×235ミリ)の封筒で,A4を3つに折って入れる程度が常識的です。
定形外の封筒を用いて折らずに送ると,より美しい状態で送れますね。

普通郵便か書留郵便かレターパックか


裁判所に届けば良く,普通郵便も届かないことはほとんど無いので,普通郵便で送って構いません(弁護士も,裁判所への書類の郵送には,普通郵便を使っています)。
もちろん,書留郵便やレターパックで送っても大丈夫です。
心配であれば,郵便物が到着するはずの日の翌日か翌々日頃に,裁判所に電話をかけて,届いているかどうかを確認して下さい。

ファイリングのすすめ

裁判所に出した書類のコピーは,ファイルに綴っておくことをおすすめします。
調停用にファイルを用意して,自分が裁判所に出した書類のコピー,裁判所から送られてきた書類,相手方から出された書類を,綴ると良いでしょう。
これを離婚調停のときに持って行くと,話がしやすくなります。

(弁護士 木下貴子)

<「裁判所HPより詳しい離婚調停解説」トップへ戻る

この記事を書いた弁護士

執筆者木下貴子

木下貴子

多治見ききょう法律事務所所長

岐阜県多治見市で初の女性弁護士となり18年目。
離婚事件を中心的に取り扱い,これまでに受けた離婚のご相談件数は900件を超えます。ご相談は,親身,気軽,自分で決めるをモットーに対応しています。
離婚・夫婦に関する講演の講師も務めています。
著書の「離婚調停は話し方で変わる」(ききょう出版)はAmazonランキング法律部門第1位を獲得しました。

離婚調停で養育費を増やしたい女性の方へ

9524人が手に入れたアドバイス! (12月10日現在)

お子さんの将来のために養育費を多くもらいたい女性の方へ,弁護士木下貴子が離婚調停での話し方をアドバイスしています。

次のボタンをクリックし,「離婚調停で養育費を増やしたいときの具体的な話し方」のページへお進みください。

無料の話し方アドバイスを入手

離婚問題は多治見ききょう法律事務所へご相談ください

多治見ききょう法律事務所

住所
岐阜県多治見市大日町41−1
弁護士
木下貴子 田中敦
女性のご相談者からは弁護士木下貴子,男性のご相談者からは弁護士田中敦が好評をいただいています。
営業時間
平日(月〜金)(祝日を除く)
午前9時15分〜午後5時
相談料
5000円(45分まで・消費税別)
女性のご本人の離婚相談は初回無料(45分まで)

ご相談は,電話,メール,ご予約フォームにてご予約ください。

電話
0572-26-9852
メール
tajimi.law@gmail.com

離婚相談票ダウンロード

多治見ききょう法律事務所

  • 弁護士 木下貴子
  • 弁護士 田中敦 
  • (岐阜県弁護士会所属)

〒507-0032

岐阜県多治見市大日町41-1

営業時間(相談時間・予約電話受付時間)

平日(月〜金)(祝日を除く)

午前9時15分〜午後5時

TEL 0572-26-9852

FAX 0572-26-9853

相談予約専用メールアドレス

tajimi.law@gmail.com

主な対応エリア

  • 岐阜県
  • 多治見市
  • 土岐市
  • 瑞浪市
  • 恵那市
  • 中津川市
  • 可児市
  • 美濃加茂市
  • 可児郡御嵩町
  • 加茂郡(坂祝町
  • 川辺町
  • 七宗町
  • 白川町
  • 富加町
  • 八百津町
  • 東白川村)
  • 岐阜市
  • 各務原市
  • 愛知県
  • 名古屋市
  • 瀬戸市
  • 春日井市
  • 小牧市
  • 尾張旭市
  • 長久手町